園長あいさつ

子ども達に輝く未来を

皆さんは狼少年の話をご存知でしょうか。
狼に育てられた子どもの話で、インド等で実際にたくさんの事例が残っています。
その中で特徴的なのは、8~12歳頃に発見され保護されたその子どもたちは、教育を受けたが言葉の習得が難しく社会への復帰適応ができなかったということです。

このような事例から解ることは、人間は人間としての環境に身を置く中でその能力を身に付ける。それも5歳頃までに言葉や基本的生活習慣など「人間として重要な事を身に付けなければならない」ということが科学的に証明されています。
まさに「三つ子の魂百まで」という諺どおりと言ってよいのではないでしょうか。

中央認定こども園では、園理事長の「人生を堅実に、豊かに生き抜く力の育成を図る」という建学の精神のもと、この重要な幼児期のお子さまをお預かりし、適切な環境のもとで遊びを中心にしながら、心と体が豊かに成長できるよう長年援助してまいりました。
特に「何だろう」「面白い」「やってみたい」という「興味関心」「好奇心」を持つ子を育てる事を教育の主眼として「褒め励まし」ながら、自主的に何でも「する・できる・やりたい」という「学習意欲に満ちた子ども」の育成に尽力しています。更に基本的生活習慣の習得にも力をいれ、挨拶やお片づけ、手洗い・着替え等、日常生活の中で「自分のことは自分でする」ということを大きな保育のねらいとして実施を図っています。

教育は子どもの心を無視しては成り立ちません。そして必要な時期に正しい教育や躾を受け、それを自分のものにしてしまえば、子どもは「自ら伸びていく力」を発揮していきます。

本園はそのような教育観のもとで、子どもたちがまるでロケットのように元気に逞しくまっすぐ成長し、未来に向かって飛び立つことを願っています。

本園は平成20年より「認定こども園」となり、幼稚園と保育園を併せ持つ施設として運営しておりましたが、平成27年より新制度のもと、新たに「中央認定こども園」として幼稚園と保育園をより一体的に運営しております。

保護者のみなさま方には、そのような点をご理解のうえ、本園に安心してお任せくださいますよう宜しくお願いします。

学校法人 古市学園
中央認定こども園 園長 古市 英洋

園概要

名称 学校法人 古市学園
所在地 〒891-3701 鹿児島県熊毛郡南種子町中之上2242
代表者 理事長 古市安子
園長 古市英洋
創立 昭和40年1月
開園時間 8:00~18:30(15:00~18:30は預かり保育)
休園日 日、祝日
TEL 0997-26-0937(幼) 0997-26-6670(保)
FAX 0997-26-0318
E-mail info@chuou-kg.com

アクセス

  • ①コンビニ
  • ②松山ストア
  • ③ホテル南荘
  • ④町立中平小学校
  • ⑤河野書店
  • ⑥町立図書館
  • ⑦ゲートボール場
  • ⑧前之峯陸上競技場
  • ⑨町役場
  • ⑩消防署
  • ⑪町福祉センター

〒891-3701 鹿児島県熊毛郡南種子町中之上2242

<お車でお越しの方>
  • 国道58号線、南種子町上中の信号を南へ。町立図書館の東側。